●クラス

受 験 高3・高卒生


高1・2年美術総合


●専攻コース

本科専攻コース

デザイン科

油絵科

日本画科

工芸科

映像・アニメーション科

建築・環境デザイン科

専攻別科コース

教育大美術コース

芸術工科実技コース

●学科対策授業

学科ゼミ

●研究所

合格実績

研究所地図

入学案内

美術の専門職

Link Site

美術大学案内

美術館案内



























授業の概要

ArchitectureEnvironmentaldesign



高卒・高3生 受験科の
授業の概要です。
建築/環境デザイン/ インテリアetc.


※途中月からの入学もできます。
1学期 4月〜7月
基礎を順を追って学ぶ
〈デッサン〉
簡単な基本形態からモチーフの在り方や感じ方を学びモチーフを表す基礎を学ぶ。
○用具に慣れ、モチーフをていねいに観察する姿勢を身につける。

○対象を観察し集中力をもって描けるようになるとともに自分のデッサンに対する客観性を育てる。

石膏デッサン静物デッサンを主に基本的なデッサン力を育成する。
〈空間写生・立体構成〉 

○建築や景観について興味をひろげ研究する。
アクリル絵具水彩絵具の扱い方や技法の基礎を学び発展させる。
○室内空間や屋外風景のデッサンの基本的な水彩で描く技術を習得する。
立体表現 
粘土による立体構成
紙等の素材による立体構成


夏季講習会 7〜8月
基礎の確認+弱点補強で基礎力の強化と総体的な実技力の向上。

○志望大学別 実技演習


2学期 9月〜12月

基本的な対象の見方や捉え方・意識をもとに難易度のあるモチーフを使い実力を強化する。構成課題にも積極的に取り組み美しく存在感ある表現を目指す。
〈デッサン〉

○見ること、観察すること、触覚的に感じる感性を磨き描写力の向上とや構成的デッサン力をつける。
○課題のテーマに対応できる構成や表現の発想力を養う。

空間や形態を主に想定による応用的なデッサン力を養成する。
〈着彩・空間写生〉
○表現のねらいや構成的意図をもって制作できるようにする。
○想定・構成的表現にも取り組み完成度のある制作を身につける。

自分の専攻する科の魅力を理解し応用課題へすすむ。
○表現のねらいや構成的意図をもって制作できるようになろう。
○想定・構成的表現に積極的に取り組み完成度のある制作を身につける。

■基本的な対象の見方や捉え方・意識をもとに難易度のあるモチーフを描き実力を強化する。構成課題にも積極的に取り組み美しく存在感ある表現を目指す。
〈立体構成〉
いろんな素材にふれイメージや構想を立体構成する。複数の材料を用いて表現する。


冬季講習会
○入試模擬課題の演習で入試での制作ポイントをつかむ。


3学期 1月〜3月

今まで学んできた積み重ねに自信をもちより完成度のある制作を目指そう。
○入試実技課題に即した実践演習で制作上のポイントや技法を掴み完成度ある表現に挑戦します。







先頭へ戻る