芸術工学・工科大 受験コース



●クラス

受 験 高3・高卒生


高1・2年美術総合


●専攻コース

本科専攻コース

デザイン科

油絵科

日本画科

工芸科

映像・アニメーション科

建築・環境デザイン科

専攻別科コース

教育大美術コース

芸術工科実技コース

●学科対策授業

学科ゼミ

●研究所

合格実績

研究所地図

研究所入学案内

美術の専門職

Link Site

美術大学案内

美術館案内












授業の概要














志望大学により週1〜2日・1日2〜3時間のペースで勉強

全国の工学部・工科系大学で実技を必要とする受験生を対象にしたコース
です。学科勉強との兼ね合いを考慮して実技勉強の日数や時間帯などの
スケジュールを決めて実技の対策をします。

@モチーフの形態・質感・明暗などの観察を通して空間や造形的な思考や感覚を育てる
基礎的デッサン力を育てます。
A志望大学および専攻の科やコースで出題される実技内容に即したカリキュラムにより
基礎的造形力や表現力を育成します。
岡山県立大〈デザイン学部〉・名古屋市立大〈芸術工学部〉・九州大学〈芸術工学部〉
等芸術工科系大学


九州大学〈芸術工学部AO入試〉
環境・工学・画像・音響・芸術情報 各設計
学科
岡山県立大〈デザイン学部〉
デザイン学部
名古屋市立大〈芸術工学部〉
情報環境・産業イノベーション・建築都市
各デザイン学科

芸術工科系大その他 Enter →






勉強の流れ(概要)

STEP1 STEP2 STEP3
基礎を順を追って学ぶ
〈デッサン〉
鉛筆の研ぎ方などから始め
ます。簡単な基本形態やモ
チーフからデッサンを学ん
でいきます。

対象を観察し描く上での基
礎を理解します。

○用具に慣れ親しみ、モチ
ーフをていねいに観察する
姿勢をしっかり身につける。

○対象をしっかり観察し集
中力をもって描けるようにな
ろう。
自分のデッサンと比較する
客観性を養う。

〈専攻科実技〉
○自分の専攻する科につい
て興味をひろげ研究する。
基本的な対象の見方や捉え
方・意識をもとに難易度の
あるモチーフを使い実力を
強化する。
構成課題にも積極的に取り
組み美しく存在感ある表現
を目指す。

〈デッサン〉
○見ること、観察すること
、触覚的に感じる感性を
磨こう。
○課題のテーマに対応
できる構成や表現の発想力
を養う。
〈専攻科実技〉
受験で必要な実技を選択
します。
専攻する実技の基礎的造形
力や表現力を養います。
○基礎を活かして自分の感
性を生かした制作ができる
ようにします。
実技に対する自分の問題意
識をしっかりさせ目標をもっ
て実力を向上させよう。
先頭へ戻る